住宅ローンの審査のポイントは?

住宅購入を検討されている方も多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローン減税は銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。
諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローン減税を申し込める金融機関は数多くあります。
申し込みをする所による住宅ローン減税の審査の違いは特別違った点はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが厳しい審査が待っています。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金が無くても購入出来る!という広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。