ランドセル業界にも流行は存在しています

ラン活は夏休みまでという話を聞きました。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系など少量生産のブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算で安く買える場合もあり、入学3ヶ月前ならそこまで急激に体型も変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

特に生産数が限られている工房系の製品を狙っている場合は早いうちから情報収集をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定で売っていることも多くできれば実物を確認しておきたいですよね。

そのため工房系を狙っている人は特に様々なメーカーが集まる合同展示会もあるので利用してみてはいかがでしょうか。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない箇所を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると悩むのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

他には、収納扉にスペースを作ってみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

皆さんの子供時代、小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?今、社会人として働く多くの人がランドセルだったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほとんど選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあって何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ収容力が重視されていました。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

毎年のように選択肢が増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう決まりましたか?まだ買っていない人もおそらく夏のうちに決めたいと考えているのではないでしょうか。

ラン活をするにあたって流行を知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが非常に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

ランドセルと聞いてイメージするようなシンプルなデザインの場合では本体はチョコレートブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスのロゴ付きのランドセルがある時代なんですね。

運動が好きな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の情報を調べると百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため通常の日本メーカーの製品と比べると似ている機能の製品も多く見受けられます。

通常の製品との大きな違いとして挙げられる点はロゴが反射プリントされているので暗い道などで徹底して使いやすさにこだわっているようです。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるのは大いに考えられます。

同じように幼稚園年長の時に人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを選んでいる方が多いようです。

小学生の時しか使えないものといえばランドセルを考える方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほぼ選ぶ余地がなかったですが最近では様々な色やデザインが登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保っています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、一概に赤系といっても幅広いラインナップになっています。

ランドセルを選ぶときのポイントについてチェックしておきましょう。

一時期、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」という話もあるように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

この現象の発端となった人も実際、少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

震災などを含め何かを寄付する際は贈る対象にとって欲しいものは何かを考えて贈りたいですね。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが年長さんの時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になって趣味が変わるということはよくあります。

同じように幼稚園年長の時に人気のキャラものにしたら6年間のうちにそこまで好きじゃなくなったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などのブランドは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを手に入れたい場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、仲の良いお友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングです。

なぜかというと年末の決算で安くなっていたり、入学まで3ヶ月くらいの時期なら体型もそんなに変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

最近では、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセルを一緒に見に来ている光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について調査しました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう人も多かったですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れた素材で6年使ってもまだまだ使える状態のままが多いです。

そのため、愛着があるので捨てられず押入れに入れておくよりもかと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるので形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

2016年に行った調査では、緑系とピンク系が1番人気でしたが赤系は1番、2番人気を保っています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色合いや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるので確認しておきましょう。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

A4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時に感じる体感重量のことを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の保証がついているか確認したいですね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかかることに驚きます。

その中でもランドセルは選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方にアドバイスを聞くと予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという調査結果もあります。

高品質の製品をできるだけ安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、一部工房系ブランドではキャンセル品などが出品されていることがあります。