ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが

2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数があるため7?8月中に売り切れる見通しとなっているようです。

まだ購入されていない方向けに今年のトレンドを推察します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」からオーソドックスな黒のベースカラーに落ちつきました。

女子向けでは水色や紫からブラウン系カラーが流行です。

ブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

運動が好きな男子に良さそうな印象です。

販売されている製品の評判を集めてみたところ百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため国内製造している日本メーカの製品とアディダスのブランドロゴが被せ部分などに配されており他にも背カンにはフィットちゃんが他にも、肩ベルト部分に防犯ブザー用のDカンがついているなど徹底して使いやすさにこだわっているようです。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

その際の注意点がいくつかあるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無や一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の質量ではなく背負った時に感じる体感重量のことを言います。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという6年間の修理保証がついていると安心できますね。

万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子はほぼ選択肢がなかったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は1番人気を争い続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで失敗した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

初めてラン活をする際は評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので何を選べば良いか決められないという話も多いです。

一番簡単な選び方はメーカーを先に決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは質が安定して高いです。

最近は居間で勉強をする子供が増えているそうです。

居間での学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下の隙間にカラーボックスをおいて入れてみたり、壁のフックに掛けておくという方法もありますが子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供が祖父母と見られるグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近なイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類やカラーなど、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

短所としてはラインナップが幅広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

おそらく最初はネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということにびっくりするのではないでしょうか。

クラリーノを生産しているクラレの調査によると2016年度入学する子供のランドセルは45.000円以上の価格のものが多かったようです。

なぜ平均価格が高くなるかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?

多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきておりランドセルの見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人と被りにくくしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーの数が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで完全に任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている場合
製品の質はまず間違いないです。

次にオススメするのは販売のみ行う会社です。

なぜかというと工場へ企画を持って行った際にこの場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

この前、来年の卵割に向けてランドセルについて調べていたらアディダスなどのブランドロゴが付いたランドセルがあるんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を詳しく調べると学習院モデルではしっかりとした箱型で耐久性が高く造られています。

傷がつきにくく汚してもお手入れが簡単なようです。

他にも背カンにはフィットちゃんがロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで背負いやすさの追求もされています。

夏が来て来年小学校に入学する子供や孫のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期になりました。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した小学生の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや丈夫なものが欲しいという要望からより丈夫な素材を選ぶためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを考える方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保っています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色合いや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色の赤という選択肢も全然アリですよ。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏休みの風物詩のようになってきましたね。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるのは大いに考えられます。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインを選んでいる方が多いようです。

年々、夏休みなど購入ピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに予約・購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数があるため7?8月中に売り切れる見通しとなっているようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

基本的なサイズとしてはA4フラットファイル対応サイズが売れ筋となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」から「上品で知的」な印象のデザインに変化してきました。

女子向けではアクア(水色)やパープルの人気は落ち着き、以前から人気のブラウン系カラーが流行です。

6年間飽きずに背負える「愛らしさ」へ変わっているようです。

ここ数年、夏休みの時期になると近所のイオンや百貨店などではランドセルの特設コーナーが設置されているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早いうちから情報収集をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物がどうなっているか見ておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っている様々なメーカーが集まる合同展示会もあるので利用してみてはいかがでしょうか。