ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったランドセルの処分

どうするかということです。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提としているため素材の自体が撥水性や強度が高く6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、捨てられず押入れに入れてままにするよりも、かと言って押入れに入れておいても邪魔になってしまいます。

そのため、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるなど形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目やデザインにこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女ともに人気なのはランドセル本体のデザイン性をそのままに使用できる透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは孫とみられる子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に選んでいる光景です。

ここではおそらく1度は見に行くと思われるイオンオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について調査しました。

かるすぽランドセルの良い点は様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

初めてのことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

例えば、ランドセル選びなど長期間使うものを初めて選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーは大まかに3タイプに分類できます。

製造から企画・販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている企業の製品の質はまず間違いないです。

次に製品の質が高いのは販売のみ行う企業です。

他の業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

最近では何かを選ぶ際に通販サイトなどの口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで失敗した経験もあると思います。

それは子供が使うランドセル選びにも通じます。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

1、2社なら情報を集めるのも比較的楽なはずです。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

実際のところラン活のピークは7月~10月と言われています。

人気ランキング上位の工房系などのブランドは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に子供が心変わりすることがあります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算で安くなっていたり、入学3ヶ月前ならそこまで急激に体型も変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

リビングでの勉強は家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを質問しながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると悩むのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下のデッドスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

数年前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所や施設などに寄付する流れがありましたね。

寄付する気持ち自体はもちろん素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と発信しており子供達の支援が広がるきっかけになればというところ実際のところだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

欲しいものは何かを考えて贈りたいですね。

皆さんがランドセルを購入する際にどこへ行きますか?

ほとんどの方が近くのスーパーや百貨店へ行くと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物をチェックしてください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負ったときの体感重量や丈夫さなどがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍などのデザインや細かいこだわりも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やサイズはA4クリアファイルが入るもので良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さはランドセル本体の質量ではなく背負った時の体感重量のことを言います。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという6年間の保証がついていると安心できますね。

ここまで色々書きましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について調べてみました。

かるすぽランドセルの良い点は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることです。

短所としてはラインナップが幅広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

居間で勉強をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

どこに置いたらいいか困ってしまいますよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下の隙間にカラーボックスをおいて入れてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

小学生の時しか持てないものといえばランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほぼ選ぶ余地がなかったですが最近では様々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

2016年に行った調査では、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

何年か前にタイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

人にプレゼントしたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった最初に贈った人ものちに「ランドセルの寄付自体には意味がない」と言っており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけにしてほしいというところだったようです。

皆さんも寄付する際は贈る対象が本当に必要なものは何かを考えて贈りたいですね最近では、祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるのは大いに考えられます。

同じように幼稚園年長の時に人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを選んでいる方が多いようです。

ここ数年、夏休みの時期になるとデパートなどではランドセルの特設コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を子供が気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている人が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物をチェックしておきたいですよね。

そのため工房系を狙っている人は特に様々なメーカーが集まる合同展示会もあるので利用してみてはいかがでしょうか。