ランドセルって型落ちだと安いけどモノはいいよね

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

販売されている製品の情報を調べると百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているので耐久性が高く造られています。

傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんが採用されているので思い教科書の負担が減り徹底して使いやすさにこだわっているようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるのは大いに考えられます。

同じようにそのとき人気のキャラもののデザインにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、特設コーナーで工房系の製品を気に入っても予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早いうちから予約開始日や展示会情報を集めている方が多いようです。

工房系の製品は通販での注文のみになっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を行っているメーカーもあるので今からでも展示会情報を調べてみてはいかがでしょうか。

年々種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ買っていない人もおそらく夏のうちに決めたいと考えているのではないでしょうか。

ランドセル業界にも流行り廃りは存在していて本格的にラン活をするにあたってトレンドを抑えておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが特に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合では水色や紫などのパステルカラーが人気なようです。

初めて行うことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーが多くてわかりにくいので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う会社、企画まで任せて販売のみ行う会社の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている企業の製品の質はまず間違いないです。

次にオススメするのは販売のみ行う会社です。

他の業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

工場側が作れる製品しか作れないので革新的な製品が作れないからです。

最近は居間で勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを質問しながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするので勉強机を必要としない家庭もあるようです。

リビングにランドセルを置くとインテリアとの調和性が不安となりただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

そんな時はオシャレなランドセルラックで使ってみてはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一段をランドセル用に使う、床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数などの問題から売り切れる前に早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーから「上品で知的」な印象のデザインに変化してきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」から今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。

暑くなって来て「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年度に子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

購入に際しての平均価格帯は4万円台になっているようです。

実際に7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいるというデータもあります。

市場には1万円台の製品もあるようですがその理由を見ると6年間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら実際に販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

ここ数年、夏休みの時期になるとデパートなどではランドセルの特設コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定で売っていることも多くできれば実物がどうなっているか見ておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っている早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが中学生になると使わなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

数年前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として作られているため撥水性や耐久性が良いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、捨てられず押入れに入れてままにするよりも、かと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

例えば、パスケースにしたり、財布にして財布などにして買ってくれた親族にプレゼントする人も多いようです。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなバッグで行っていましたか?今、社会人として働く多くの人がランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学する段階になりラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

例えば、購入時のアンケートではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル本体のカラーが増えてきており見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーも人気になってきています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルは選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという調査結果もあります。

その中でもなるべく安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを活用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが高学年になるとそのまま気にいるかはわかりません。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから実際にに背負って選べることや6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を調べると自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

そのため国内製造している日本メーカの製品と似ている機能の製品も多く見受けられます。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんがロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで存在がわかりやすくなるので事故などにあう可能性が低くなります。